« | トップページ | ネットナンパの先には・・・ »

2012年10月11日 (木)

大津事件から1年

http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20121011k0000e040223000c

大津で起きた、いたましい自殺事件から、今日で1年をむかえます。

この1年、学校も、たいへんな努力をされてきたでしょう。特に現場の先生の、自信喪失感は、相当なものだったと思います。周囲からの批判も相当だったでしょう。よく頑張って耐えてこられたと思います。生徒からの信頼がなかったという事実に直面して、先生としての自己存在を全く否定されてしまったところからのスタートですから、こころが折れないわけがありません。亡くなった生徒への謝罪のこころ、そして今いる生徒への信頼回復への努力。簡単に気持ちを切り替えられるものではありません。

先生にとって、理由は何であれ、生徒が亡くなることは、ものすごいこころの傷になります。自分が関わっていない、たとえば交通事故でも、自分に何かできなかったか、自責の念に苛まれます。僕の同級生が事故で亡くなった時、卒業しているのに、先生方がお葬式に集まって、号泣されていました。これは、悲しみとかそういう気持ちと同時に、必ず出てくる気持ちです。生徒の死というのは、先生にとって、わが子を失うに等しいことなのです。

もちろん、先生にも原因はあるでしょう。結果として亡くなった生徒の信頼を得られなかった、信頼を得ていないことに気付かなかった。先生としては、失格と言わざるを得ません。しかし、結果だけを見て、先生方を責めることはできません。もちろん、忙しいとか、生徒数が多いとか、そんなことは言い訳にもなりません。生徒を指導するプロとして、その責務を全うできなかったのですから、批判されても仕方ありません。

では、先生方は、どうすればよかったのでしょうか。生徒からの信頼を得る。簡単なようで実はとても難しいことです。特に中学生は、第二次反抗期ですから、大人に対する根本的な不信感があります。これを乗り越えて、信頼を得る。しかも、生徒一人ひとり、性格も考えも生育環境も違うのですから、全員の生徒から信頼を得るのは、無理に思えます。

そう。無理なのです。担任すると、一国一城の主にされて、そのクラスのことは何でも知っている、全員の生徒から信頼されなければならない、そう思われているようです。しかし、そんなこと無理です。人数の問題ではありません。時間の問題でもありません。人間が人間を教育しているので、分かり合えない関係になる先生生徒もいて当たり前なのです。いろいろな生徒がいるのと同時に、いろいろな先生がいます。合わない同志がいてもおかしくありません。

ベテランの域になると、それでもそういう生徒との付き合い方をなんとなく会得して、なんとかうまくやる先生もいるでしょう。でも、学校の先生全員がベテランではありません。新採用の先生もいます。ついこの間大学生をやってた先生にベテランの技を求めるのは、ルーキーにイチローの技を求めるのと同じです。無理です。

では、そんな未熟な先生は教壇に立つことはできないのでしょうか?いや、そんなことはありません。周りがフォローすることによって、イチローまではいけなくても、そこそこのところまですぐにいくことができます。そう。先生は一人にしてはいけないのです。どうしても信頼関係が持てない生徒がいても、誰かほかの先生が関係を持てたら、学校とその生徒はつながることができます。中学校なら、教科担任制ですから、担任の先生以外でも、つながることができる先生がいる可能性は高くなります。そういう先生方がチームになって情報を共有し、仕事を分担すれば、今までよりも更に広い範囲をカバーできます。

教育をチームでやる。実はこれは、つい最近言われだしたことなのです。今まではベテランの職人芸に頼っていた教育を、みんなでやろうと。意外かもしれませんが、本当につい最近なのです。校内暴力や不登校・いじめなど、一人で背負うには重すぎる問題が取りざたされた、ここ15年ぐらいからなのです。だから、先生の中には、チームでやることが具体的にイメージできない方もおられるようです。特に問題なく先生生活を送ってこられた方は、チームを組む必要がなかったのですから。さらにベテランの先生は、そもそもチームで教育する発想がなかったのですから。

学校は一人一人の先生の技量だけで回っていかないことは誰もが分かっています。今こそ、チームプレーの教育を確立するべき時です。先生を一人にしない。先生方みんなで子どもにあたる。これこそが、子どもを孤立させない一番の方法です。

« | トップページ | ネットナンパの先には・・・ »

教育問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/55867689

この記事へのトラックバック一覧です: 大津事件から1年:

« | トップページ | ネットナンパの先には・・・ »