« 栄養学的に子どもに必要な栄養を取らせるのは学校の責任であるのか? | トップページ | 「もったいない」の思想 »

2013年8月13日 (火)

食事はその人自身です

前にも述べましたが、宗教の教えで食べられないものがある場合があります。宗教といえば、日本ではあまり力がないように思いますが、信仰している人にとっては、その宗教の教えは自分自身そのものです。ですから、他人の宗教を否定するということは、その人自身を否定することになるので、すさまじい人権侵害ですね。その宗教が食事についても教えているのなら、その人の食事もまた、その人自身になります。食べられないものを強要されることは、人権侵害です。
食事がその人自身であるのは、なにも宗教の側面からだけではありません。最近は、栄養についてもいろんな説が流れていて、どれを信じていいかわからない状態ですね。たとえば牛乳。牛乳は、戦後から給食に必ずついてくるものです。高タンパク質ですから体を作るのに適している。カルシウムも豊富で、こころの安定に効果がある。なんて言われていますね。でも、最近は、牛乳体に悪い説が広がっています。どうやら、特に日本人は牛乳のカルシウムを吸収しにくく、また、牛乳に入っている成分でこころが乱れるのだそうです。
科学の常識は変わりますからこういうことがあってもおかしくはないですが、真正面から対立する見解が出されたら、どっちの考えがいいのかわかりませんね。学校給食は管理栄養士さんが考えますから、栄養の専門家が作る分信用できそうです。でも、反対の考えをしている人もまた、栄養の専門家です。
そこで、どちらの説をとるか。この選択は、学校がするべきではなく個人がするべきです。自分の体を作るのは自分なんですから、他人に言いなりで作るべきではないですね。そもそも学校が言うことが全て正しいわけがないんですから。ありえない話ですが、もし牛乳を飲んで体やこころが不具合を出したら、学校は責任をとってくれますか。ムリですね。
食事がその人を形づくる以上、何をどれだけ食べるかの選択は、宗教の教えでなくてもその人自身です。ですから、これを否定するのは、人権侵害になります。

« 栄養学的に子どもに必要な栄養を取らせるのは学校の責任であるのか? | トップページ | 「もったいない」の思想 »

教育問題」カテゴリの記事

給食問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/57957797

この記事へのトラックバック一覧です: 食事はその人自身です:

» プリンセスドリーム/無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談 [プリンセスドリーム/無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談]
? プリンセスドリーム? URL: ? http://lovely-world.jp/? 運営会社:有限会社マフィ? 運営者名:林義彦? 住所:神奈川県川崎市川崎区本町1-4-1? 電話番号:044873700?当社にて相談のあった会社になります。悪質な出会い系サイト詐欺の被害金は取り戻せます婚活サイ... [続きを読む]

« 栄養学的に子どもに必要な栄養を取らせるのは学校の責任であるのか? | トップページ | 「もったいない」の思想 »