« 「もったいない」の思想 | トップページ | 日本生活指導学会に参加しました »

2013年8月15日 (木)

ではどうするか

以上、今の給食をめぐる諸問題を考えました。ここまで読むと、では僕は給食はなくなったらいいと言っているように思えますね。そんなことはありません。給食の意義は十分わかっていますし、日本の給食は世界に誇る水準です。ぜひ残していきたいです。
そのためにも、「残さず食べなさい」指導をしてほしくないんです。残すこと・食べないことの自由を認めてほしいんですね。指導にすると、強制力を持つ以上、「~ならない」になります。また、先生も「させなければならない」になって、いきおいきつい指導をしてしまいがちです。本来、学校の先生が子どもにすることは、全部が指導である必要はありません。「~のほうがよい」アドバイスもあっていいと思います。
先生が言うことは、すべてが正しいわけではないです。これを、先生も自覚してほしいのです。指導するとなると、強制力がある以上、正しいと思うことしかできません。世間一般が正しいと考えいることであっても、ほんとうは間違っているかもしれない。いや、ほんとうに世間一般が考えていることなのか。そんなことを考えながら、指導というものはするものです。たとえば、教科指導であれば、指導要領も教科書もありますし、そこを根拠にできるでしょう。しかし、給食については、先生の考えのみが根拠になります。ですから、先生一人の考えを強要することはできません。あくまでもアドバイスになります。
ですから、世間も、自分たちの考えを先生に押し付けないでほしいのです。食育という言葉が流行っていますね。食について教えるのは大切です。食の勉強を通じて、いろんなことを学ぶことができます。給食もその一環にしたい気持ちはわかります。でも、それをすることで生まれる弊害を考えると、そう簡単にはいかないです。指導という強制力を使うには、それなりの配慮が必要です。子供の人権を考慮にいれるなら、今まで述べたように、食を指導するのは危険です。

« 「もったいない」の思想 | トップページ | 日本生活指導学会に参加しました »

教育問題」カテゴリの記事

給食問題」カテゴリの記事

コメント

う~ん。

「食べることができない」「体が受けつけない」「宗教上の理由で食べられない」
というような理由がある人が残す分には納得ですが、
「ちょっと野菜が苦手」レベルの子が残すことは反対です。

極端な人に絞っての話なのでしょうか。

残すことを奨励すると、「焼きそば一口食べたい」「とんかつ一口食べたい」「ラーメン一口食べたい」
という一口のために一人前頼んじゃう狂人も許容することになりませんか。

そういう論調ではなく、結局大事なことは「~~~~」である、という表現がほしいです。
読んでいてそれが伝わってこなかった。

自分の子供が健常者で、わがままで、好き嫌いがあって、残してばかりいる、
そんな状況を改善したいと思えば、「残すな!」は愛情がある親なら当然の言葉だとおもいますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/57957813

この記事へのトラックバック一覧です: ではどうするか:

« 「もったいない」の思想 | トップページ | 日本生活指導学会に参加しました »