« 日本生活指導学会に参加しました | トップページ | 課題研究A~「いじめ問題」と生活指導上の実践的課題 »

2013年9月15日 (日)

前日企画~NPO法人エルシティオ(共同作業所)の見学とひきこもり・若者支援

9月6日(金)、大会前日企画として、和歌山にあるNPO法人エルシティオの見学がありました。エルシティオは、ひきこもりの若者を支援する団体です。元学校の先生が中心となっ作られました。主にコーヒー豆の焙煎作業と販売をしています。
コーヒー豆の焙煎はたいへん難しく、いつも同じ品質の豆を焼くのは職人技です。あえてそんな難しい技術に挑戦する若者たちの姿に、内に秘めたエネルギーを感じました。若者はだれでも、発揮する場所があれば、自分のエネルギーをどんどん出していけるんですね。学校も家庭も、若者のエネルギーがどんどん出せる環境であれば、みんながいきいきと暮らせるのかなと思います。
学校では、用意された課題を、みんな一緒にやって一緒の結果を出す。家庭では、発達段階という言葉で、何歳までに何をできなければ、といったことも言われています。たしかに、人を教育するのですから、みんな一定の人間に育てる必要があります。それがどんな人間なのかは別にして、なんとなくの人間像があって、それに向けて育てていく。しかし、果たしてそれだけでいいのでしょうか。
人それぞれ、個性を大切に、と言いながら一方で、同調させる圧力が蔓延する社会です。いろんな人がいる社会は、いろんな発達をした人がいる社会だと思います。人それぞれの発達を実現できる社会にしていければと思います。

« 日本生活指導学会に参加しました | トップページ | 課題研究A~「いじめ問題」と生活指導上の実践的課題 »

教育問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/58184168

この記事へのトラックバック一覧です: 前日企画~NPO法人エルシティオ(共同作業所)の見学とひきこもり・若者支援:

« 日本生活指導学会に参加しました | トップページ | 課題研究A~「いじめ問題」と生活指導上の実践的課題 »