« 「『子どもの権利条約』を読む会」をします!! | トップページ | ルールとマナーの違い »

2014年10月 8日 (水)

小﨑恭弘著『男の子の本当に響く叱り方ほめ方』

ファザーリング・ジャパン関西の「お師匠さん」小﨑さんのご著書です。ご自身も3人の男の子の父親で、しかもご自身も3人兄弟全員男という、まさに男社会で生きて生きた彼の男の子の育て方です。これはもう。彼しか書けない本ですね。「男子のプロ」って、一瞬笑ってしまいましが、言いえて妙だなあ。あ。僕は彼を個人的に知っていますが、たしかに男臭い感じはしますが、そんなにおとこおとこしてない印象です。おっさんくさい汗くさいマッチョなことは書いてありませんでしたので安心してください。
さて。お母さんにとって男の子って宇宙人みたいに見えるんですね。彼が言うように、異性で子どもという、二重に違う人間ですからね。そりゃ宇宙人に見えてもおかしくないですね。プラスして、親子だからわかりあえるはずだという前提が、かえって小さな「わからない」を大きく考えてしまうのではないかなと思います。だから、彼の「男の子はわからないものだ」という前提は、本当に正当だなあと思います。
わからないんだから、わかるためには「よく見る」ことが必要なんですね。わかるって、「自分もそういうところあるわ」とか「自分も同じ気持ちだわ」とか、「自分もそうである」ところでわかろうとしてしまうんですね。そうではなくて「ここは違う」を知ることでわかることもあるんです。必ずしも自分と同じところを見つけなければわからないものではないんですね。この視点、とても大事なんです。
「わからないもの」として見ることで、叱り方やほめ方も違ってきます。叱るもほめるも、子どもを変える作業である以上は、その子どもがどんな子なのかを知ることが大事ですね。自分が知っている粘土であればすぐに簡単に作業ができますが、知らない粘土だったら、まずはその粘土を知らなければなりません。その粘土が、柔らかいのか固いのか、油粘土か紙粘土かといったことですね。男の子は「わからないもの」ですので、まずは男の子を知ろうというわけです。
たとえば男の子は「行動に全く深い意味はない」とあります。そうなんです。ほんとうに何にも考えていないんですよね。もちろん、聞けばいっぱしのことが返ってくるときもありますが、でも、そんなのその場限りです。しっかり考えてのことではないですね。そんな子に、「この行動の意味はどうで、それをしたらこうなって」なんて言ってもわかってもらえません。端的に「これはしてはいけません」と言い続けるしかないんです。
また、ほめる時も「今ここでほめる」「シンプルにほめる」「プロセスをほめる」の3点を指摘されています。行動に意味はなく今ここを生きている男の子には、この3点ですね。これらを抑えたほめ方をするのが一番子どもに届くんです。
この、自分とは違う人を相手にしていると前提すると、その子どもがどんなことなら理解できるかといったことも知る必要があります。自分だったらこう言われたらうれしい悲しいとか、何歳だったらこれはわかるだろうといった前提で叱ったりほめたりするのではなく、この子は何がうれしいのか悲しいのかわかるのかで叱ったりほめたりする。その子のあわせたオーダーメイドの子育てができる。親御さんならではの子育てですね。それが大事なんです。
小﨑さんにとっては、どの子もスペシャルなんでしょうね。ひとからげに考えるんじゃなくて、その子その子が全部違う。そんな彼に習った子どもは幸せですね。教育者としての基本姿勢をあらためて学ばせていただきました。
あちこちに関西弁が混じる、ハートウォーミングな本です。しかし、ここに通じる考えは、ポジティブ・ディシプリンやコモンセンス・ペアレンティングといった最新の子育て思想を、よくもここまで簡単にしかも正確に表現できるなと思わせる、通好みの本にも仕上がっています。親御さんだけでなく教育や子育て研究をしている人たちにもおすすめです。ぜひぜひ!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%AE-%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E9%9F%BF%E3%81%8F-%E5%8F%B1%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%BB%E3%82%81%E6%96%B9-%E5%B0%8F%EF%A8%91-%E6%81%AD%E5%BC%98/dp/4799103784

« 「『子どもの権利条約』を読む会」をします!! | トップページ | ルールとマナーの違い »

教育問題」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/60445022

この記事へのトラックバック一覧です: 小﨑恭弘著『男の子の本当に響く叱り方ほめ方』:

« 「『子どもの権利条約』を読む会」をします!! | トップページ | ルールとマナーの違い »