« ルールとマナーの違い | トップページ | パパサークルの,子どもの教育的意義についての仮説 »

2015年2月18日 (水)

少年院基礎知識~発達障害を持つ少年

少年院は「分類処遇」という,少年をその特性や環境などによっていくつかのパターンに分類して処遇しています(「処遇」とは,教育や生活などその少年にかかわることすべてと思ってください)。で,どんな分類があるのかというと,手に職をつけてもらう「職業能力開発課程」,中学校や高校の勉強をする「教科教育課程」,普通の生活をちゃんとできるようになってもらう「生活指導課程」などなど。
で,各少年院は,自分ところは「職業能力開発課程」,とか,自分ところは「生活指導課程」,とか,どっちもとか,持っている課程が違います。ですから,同じ犯罪をした少年たちでも,鑑別所で「この子は生活指導課程に行ったほうがいいな」と判断された少年はその課程がある少年院に行きますし,「この子は職業能力開発課程だな」と思われたらそっちに行きます。
で,その分類の中に「特殊教育課程」というのがあります。これは,知的障害や情緒障害などを持つ少年が入って,社会で生きていくための教育を受けます。この課程があるのは医療少年院です。
今話題の,発達障害がある少年ですが,集団生活ができる少年は,「生活指導課程」などのある,医療少年院以外の少年院に行きます。集団生活ができないなと思われる少年は,「特殊教育課程」に行きます。ですので,「生活指導課程」などに,集団生活ができないなっていう少年が来ることはまれです。僕もほんとうに数えるほどしか覚えがありません。もちろん,集団生活はなんとかできるけど,みたいな子はたくさんいますので,「特殊教育課程」でなくても,先生たちの,発達障害に対する興味は大きいです。だってね。少年たちに集団生活してもらわなかったら,そもそも矯正教育はできないんですから。
その「特殊指導課程」は,一応基準に「情緒障害など」とあるんですが,主になるのは集団生活ができない子です。発達障害だなと思われる子もたくさんいます。そういった子を社会で何とか生きていってもらうために,先生方はがんばっておられます。
ですので,少年院は発達障害を無視していたわけではありません。いや,昔からほかの教育機関よりも正面から取り組んでいたと言ってもいいかなと思っています。

« ルールとマナーの違い | トップページ | パパサークルの,子どもの教育的意義についての仮説 »

教育問題」カテゴリの記事

発達障害」カテゴリの記事

非行問題」カテゴリの記事