« 教職員規模削減に思うこと | トップページ | 法教育はたしかに大切だけど…普遍的な価値による教育について考える »

2015年10月30日 (金)

「支那」「南朝鮮」をどう指導するのか~生徒がネトウヨになったとき

地理テストで「支那」「南朝鮮」と回答、「君が代」唱和を要求……教員を悩ます“ネトウヨ中学生”が増加中!?

地理テストで中国のことを「支那」、韓国のことを「南朝鮮」と答える生徒がいるとの記事がありました。
まず、それぞれの言い方について、なぜ差別になるのかみてみましょう。

戦前日本では中国のことを支那といっていました。これはChinaをローマ字読みしたものですね。戦前日本は中国をしたに見ていました。ですから、「支那」という言い方に差別的な意味合いを込めて使っていたのです。戦後はこの言い方もされなくなりました。ちなみに、ラーメンのことを「支那そば」といっているお店がありますが、中国を差別するために使われた言葉を自分の商品に抵抗なく使える精神性に疑問を持ちます。

「南朝鮮」ですが。戦前日本が朝鮮半島を植民地にしていた当時は、北朝鮮も韓国もなかったですよね。朝鮮戦争のあと、半島は2つに分かれ、韓国ができました。ですので、韓国は韓国がその国の名前です。なのにその国の名称を使わず「南朝鮮」というのは、韓国の独立を認めず朝鮮半島がまだ日本が植民地であるようなニュアンスがあります。戦前の日本は朝鮮半島を下に見ていましたので、植民地支配のニュアンスがある「南朝鮮」という言い方は、差別に当たります。

さて。そんな「支那」や「南朝鮮」という言い方をテストで答えた生徒にどう指導するか考えてみましょう。

まず、日本政府は中国は中国、韓国は韓国といいます。「支那」とも「南朝鮮」ともいいません。「支那」も「南朝鮮」も、日本政府が認めた国名ではないということです。地理では、日本政府が正式に使っている国名で答えるのが前提です。なお、ミャンマーとビルマなど、その国の政府が使っている国名と国民の多くが使ってほしいと思っている国名が違う場合があります。そういうときは、どちらを使っても正解になります。ただ、一部の日本国民が勝手につけた国名を答えても正解になりませんね。その国名を使うオフィシャルな理由が必要なのです。

さらに、その国名に差別的な意味合いがあるのなら、その国名を使うことはその国を差別しているということになってしまいます。地理の授業は外国を差別するためにあるのではなく、むしろ差別をしないようにするためにあるのです。差別的な意味合いを含む国名を使うというのは、諸外国を正しく理解するという地理の授業の目的に反します。不正解で当然ですね。

なお、「支那」や「南朝鮮」を使わないというのは、ネトウヨな人たちが信奉している現政権の考えでもあります。現政権の考えに従っているのに『公立校は日教組支配だから仕方ないですよね』などというのは誤解もはなはだしいですね。まあ、この程度の誤解なら、ちょっと反論すれば簡単に折れますよね。

なお、『毎朝の朝礼時に、なぜ『君が代』を歌わないのですか?』という問いですが。君が代は学校の儀礼的な式典の時に歌うことになっています。そのほかの時には歌う「必要がない」んですね。だからいちいち歌わないんです。それだけのことです。
さて。この記事には、ネトウヨな生徒をどう指導するのか困っている先生の気持ちが書かれていますね。「教員とはいえ思想に口を出すわけにもいかない」とか。これが左翼的な考えの生徒だとどうでしょうか。学生紛争の昔から、左翼的な考えの生徒は先生から指導弾圧されてきました。左翼的な思想を持つと学生運動に入ってしまうなどという迷信にとらわれていたんですね。なのにいまさら何を言ってるんだって思いますけど。ただ、右翼的な思想を指導するっていうのは、日本がすごい勢いで右傾化している今、先生方には抵抗あるでしょうね。先生方は過剰なほどに世の中の空気を読んでいます。世の中が右に行っているのを肌で感じているんでしょうね。だから、左翼的な生徒を指導するのにはさほど抵抗ないのに右翼的な生徒への指導は二の足を踏むのでしょう。

私は、生徒が左翼的であっても右翼的であっても全く問題はないと考えています。ただ、ネトウヨな人たちみたいな幼稚な認識で主張を作っているのは大きな問題であると考えます。どちらの立場であっても、生徒はきちんとした歴史認識の上に正当な理論を積み上げるという訓練が必要です。この記事にもあった「保守研究会」ですが、大いにやったらいいと思います。そこで先生などがきちんとした理屈の立て方を指導すればいいのです。

私は、生徒がネトウヨな考えを持ったときが、社会科の指導のチャンスではないかと思います。先生方には、そんな生徒と大いに「議論」して鍛えてあげてほしいですね。

« 教職員規模削減に思うこと | トップページ | 法教育はたしかに大切だけど…普遍的な価値による教育について考える »

教育問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/62579259

この記事へのトラックバック一覧です: 「支那」「南朝鮮」をどう指導するのか~生徒がネトウヨになったとき:

« 教職員規模削減に思うこと | トップページ | 法教育はたしかに大切だけど…普遍的な価値による教育について考える »