« エビデンスがある教育 | トップページ | 学校の多忙さと民主主義的な教育 »

2016年4月16日 (土)

こころが弱った人に必要なもの~熊本の地震に考える

うちの相談室には,今まさに子どもが非行に走っているとか学校に行かないとかいったしんどさを持った親御さんが来られます。

そんな親御さん,心配や不安や自責の念などでほんとうにくたくたになっておられます。私から見ても,このまま帰して大丈夫だろうかと思うほどやつれてしまっている親御さんもおられます。

そんな親御さん,お子さんが非行や不登校などになったら,まわりの人から「あれをしなさいこれをしなさい」「ああしなさいこうしなさい」と「アドバイス」をたくさん受けます。

でもね。できないんですよ。こころも体もくたくたで,「こうやらねば」というのはわかっているんだけど,動けない。

まわりの人はそんな親御さんを見て,「子どもから逃げている」とか「親としての責任を果たそうとしない」とか言っちゃって,親御さんをがんばらそうとする。親御さんもがんばろうとする。でもできない。その悪循環。

まわりの人は,よかれと思って「アドバイス」するんですよね。でもね。それが疲れ果てた親御さんをより追い詰めてしまうことになるっていうことなんです。

しんどい思いを持っている親御さんには,まず楽になってもらうこと。子どもと向き合う元気を取り戻してもらうこと。「どうするか」のアドバイスはそれからです。よかれと思ってすることが常に相手のためになるとは限らない。かえって追いつめることになるかもしれない。私は私のところに来る親御さんに接するときはいつも,自分の言葉は相手を追い詰めていないか厳しくチェックしています。

先日の平成28年熊本地震で非難されている方々に向けて,いろいろな「ああしなさいこうしなさい」がネットで流れています。まだ被災して何日もたっていない状況では,被災者の方々は生きているのが精いっぱいの状態です。支援者も,生かしておくのが精いっぱい。そんな中で,生き死に関わらない「ああしなさいこうしなさい」をあびせられた方々はどう思うんだろう。

まわりの人にとってはとても大切なことかもしれない。しかしそれは極限状態に置かれた人の生き死に必要なことなのか。そういうことを今一度考えて発信すべきではないかと思います。

ネットの情報ですから,自分がいらなきゃ捨てればいいと考えるかもしれませんが,実際受け取るほうの人はそう思えません。情報の取捨選択ができるほど元気ではないからです。

被災者の方々や支援者が元気になってほしいと思った情報を流す。今はネット社会ですから,被災者の方々や支援者がほしい情報はその人たちから発信できます。

今はそっとしておいてあげてほしいと思っています。

« エビデンスがある教育 | トップページ | 学校の多忙さと民主主義的な教育 »

教育問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/63493312

この記事へのトラックバック一覧です: こころが弱った人に必要なもの~熊本の地震に考える:

« エビデンスがある教育 | トップページ | 学校の多忙さと民主主義的な教育 »