« 正しさの違い~文科省は子どもの自殺を把握できていないのか | トップページ | 「まともな大人」による「まともな教育」のために »

2016年5月15日 (日)

「カルテ」の使い方~その子の「歴史的資料」としての「カルテ」

「障害ある子の「カルテ」義務化 小中高共通,学校が作成

少年院には,少年の身柄とともに「少年記録」と呼ばれる資料が来ます。少年記録には,警察の調書や少年鑑別所の鑑別結果,家庭裁判所調査官の調査記録,審判結果など,この少年についてのすべての資料がそろっています。私は,自分が担任することになった少年についてはこの少年記録を全部読みました。しかし,実際少年に会って,いっしょに生活をし面接を繰り返していくうちに,少年が記録にない姿を見せることがあるんです。あれ,少年記録にはこう書いてあったはずなのにな,って思っちゃうんです。

もちろん,鑑別や調査が間違っていたわけではありません。鑑別や調査をした人から見た少年の姿と私から見た姿が違っていただけのことです。円柱って,上から見たら丸いけど横から見たら四角いですよね。同じものでも違う角度から見たら違う姿を見せるんです。鑑別技官や家裁調査官と法務教官とではその子を見る目的が違いますから,視点が違って当たり前です。また,少年は日々変化していきます。社会にいる頃と鑑別所にいる頃と少年院に入った頃とでは,いろんな人との出会いや生活環境の変化で別人のように変わってしまうこともしばしばです。

ですので,少年記録は,「その時のその人が見た」記録,いわば「歴史的資料」であると「理解して」使わなければなりません。

さて。この記事では障害を持つ子どもの「カルテ」を作って引き継ぎなさいとする規則ができるとのことです。今までその子についての引継ぎがちゃんとされていなかったので,適切な指導ができなかったということです。

今までその子のことを引き継ぎできていなかったのであれば,たしかに,指導がぶつ切りになってうまくいかないこともあったでしょうね。 ただ,じゃあカルテを作って引き継ぎすればうまく指導ができるかと言えば,そうでもないんですね。カルテはあくまでも「その時のその人(先生)が見た」記録に過ぎないですから,カルテに書いてある子どもの姿と実際目の前にいる子どもの姿が違っていることも多々出てくると思うんです。先生は「今の」「自分の目で見た」子どもの姿を基に指導しなければなりませんから,そうなると「カルテ」は使えないな,って思っちゃうんですね。実際少年院でも,だから少年記録を見ない先生もいたんです(もちろんその先生は,自分の目で今の少年を見てすばらしい指導をされていました)。

かといってじゃあ,「カルテ」なんて使えないものはいらない,っていうのも違うと思うんですね。その子を見るとき,まっさらの目で見てその子を理解するのって,けっこう時間がかかります。学校でその時間を費やすことができるのかというと,たぶん無理でしょう。その子を理解するまで,当てが外れた指導をしてしまうことになってしまいがちになります。ならば,前の人はどう理解したのかを「参考」にして,自分が見えた姿とその記録とあっているところや違っているところをもとにその子を見るというやり方のほうが早いんですね。

一方,カルテに書かれていることを忠実に受け入れて,あたかもそこに書かれていることのみが正しいと考えるのもおかしいですね。こういうことがあるんです。ある先生がその子を見て違う先生に「〇〇さんって~ですよね」と言ったとします。言われた先生が「いや,申し送り(つまり「カルテ」)には違うように書かれていますので,その見方は間違っています」と答えるんです。マニュアル主義の先生なんかは,こう答えそうですね。「カルテ」がこのような使われたかをするのも,違うと思いますね。

「カルテ」はあくまでその子理解の「歴史的資料」にすぎません。必要以上に軽んじたり重んじたりすることなく,自分のその子理解のためにうまく使っていただいて,いい指導をしていただきたいと思います。

« 正しさの違い~文科省は子どもの自殺を把握できていないのか | トップページ | 「まともな大人」による「まともな教育」のために »

教育問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/63635546

この記事へのトラックバック一覧です: 「カルテ」の使い方~その子の「歴史的資料」としての「カルテ」:

« 正しさの違い~文科省は子どもの自殺を把握できていないのか | トップページ | 「まともな大人」による「まともな教育」のために »