« 「どちらのため」ではなく「どちらものため」~いじめ調査の開示問題について | トップページ | 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 »

2018年1月 8日 (月)

ベッキーさんの件と、死刑存続厳罰化支持について

けっこう前なんですが、「乃木坂ってどこ?」という番組で、乃木坂46の西野七瀬さんが、罰ゲームでジャガー横田さんから逆エビ固めを受けたことがあります。その後日談で西野さんが、
「あれは全然痛くなかった」
とのことでした。ユーチューブで当該シーンを観てみますと、はっきりいって、全然きまってませんでした。

そりゃそうです。プロのプロレスラー(って言い方はおかしいですが(^^)v)が、かよわいアイドルに、本気できめにいくわけがない。そんなことしたら、大ケガになります。プロのプロレスラーとかボクサーとかって、一般の人なら簡単にのしてしまえるぐらいのパワーとテクニックがあるんですからね。

だから、ベッキーさんの件も、ベッキーさんに痛い目にあわせたことが問題になるわけではないと思います。だって、痛い目にあってないから。

ただ、ああいった形で「みそぎ」にしようとしたことは、非難されてしかるべきでしょう。あたかも、AKB48の峯岸みなみさんの丸刈り事件を彷彿とさせるじゃないですか。体を傷めつけて辛い思いをして(またはその演出をして)許しを請うというやり方。あのときも、そういった許しの請い方が問題になったはずです。

しかし、体を傷めつけてつらい思いをして許しを請うというのは、実は広く世間で求められているのではないかと思います。死刑存続や厳罰化などは、まさに、犯罪者を傷めつけてつらい思いをさせることが目的でしょう。僕は、ベッキーさんの件や峯岸みなみさんの件を非難する人が、同じ口で死刑存続や厳罰化を支持または黙認するは、明らかに矛盾だと思います。そういう意味で、あのシーンは、世間に対する辛辣なアイロニーだと、僕は思いますね。

人を傷めつけることは、どんな理由があろうとも重大な人権侵害です。ベッキーさんや峰岸さんの人権を尊重するなら、犯罪者の人権も同じように尊重すべき。そのような罰を与えるのは、なにがあっても支持してはいけないと考えています。

« 「どちらのため」ではなく「どちらものため」~いじめ調査の開示問題について | トップページ | 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 »

非行問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/66253947

この記事へのトラックバック一覧です: ベッキーさんの件と、死刑存続厳罰化支持について:

« 「どちらのため」ではなく「どちらものため」~いじめ調査の開示問題について | トップページ | 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 »