« 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 | トップページ | 先生の研修充実について »

2018年2月 7日 (水)

どっちが偉い?~更生するたいへんさと真面目に生きるたいへんさ

ツイッターでこんな書き込みを見ました。

「元ヤンキー」を売りにしている人を見ると、伊集院光さんがラジオで「ヤンキーが立ち直るのは偉いかもしれないけど、ずっと真面目にやってた人の方がもっと偉いだろ」って言ってたの思い出す。
https://twitter.com/moritakayuki/status/960743039885963264

非行少年や犯罪者の更生にかかわっているものとして言いますが。ヤンキーの人が更生するって、かなりたいへんなことなんですよね。自分を変える努力と、まわりに受け入れてもらう努力。これらがちゃんとできてはじめて、「更生」となる。それって、たぶん、一般の人が思っているよりもかなりたいへんな努力が必要です。

真面目にやってきた人も、もちろん、悪い道にそれないように自分を律して生きてきたと思います。人間、簡単にダークサイドに堕ちてしまいますからね。そうならないように生きていくのも、意外とたいへんです。

私は、更生するたいへんさと、真面目に生きるたいへんさは、別のものだと思います。「元ヤンキー」で今は更生している人の偉さと、グレずに真面目に生きてきた人と、「偉さ」が違うと思うんですよね。ですので、「どっちが偉い」なんて単純に比較できないと思うんです。

「どっちが偉い」ではなく「どっちも偉い」でいいんじゃないでしょうか。



« 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 | トップページ | 先生の研修充実について »

教育問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583405/66366999

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが偉い?~更生するたいへんさと真面目に生きるたいへんさ:

« 「あたしおかあさんだがら」に感じる「そこじゃない感」 | トップページ | 先生の研修充実について »