マイベストプロ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ

2020年1月

2020年1月16日 (木)

明石市長暴言問題で考えたことなど

明石市長再び暴言で謝罪

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202001/0013035953.shtml?fbclid=IwAR1xkcxbshSmJ0-O4dnZdgAXm8QkAX3eOAUPxTJa63boTBe1GW5vEwFgYEo

 

この市長さんは、私が知らない人なので、あくまでも一般論ですが。

すぐにキレて暴言はいたり暴力ふるったりする人については、アンガーマネジメントもいいのですが、一方で、「そんなことでキレてしまう」傾向へのケアが必要で、どちらかというと、そのケアの方が大事だったりするんですよね。

そのためには、その人の今までの生き方などを振り返ってもらって、自分のキレポイントをみつけて、なんでそんなことでキレてしまうのかとか考えて、じゃあこれからどうすればキレなくなるのか考えて、って感じのカウンセリングになるかなあと思います。

これ、たぶん、前に職員に暴言をはいた時と、たぶん同じキレポイントだったのかなって思うんですよね。つまり、自分の思うように他人が動いてくれないとキレるという。ということは、この人は、相手が部下であるとか同僚であるとか他人であるとか、関係なくキレる人なんでしょうね。そういう意味では、いわゆるパワハラ系ではない、誰彼かまわず噛みつくパンクス系なのかもしれません。僕は、そういう生き方は嫌いじゃないですが、立場もある人ですから、相応な噛みつき方を学ぶべくなんでしょうね。そういったことも、カウンセリングでは扱います。

そう考えていくと、やっぱり復帰は早かったんでしょうね。

あと、今までのやり方をドラスティックに変えていこうとする候補者が当選した場合、彼と同じようになる可能性は、かなり高いと思います。ぶちあげた政策を実現しようとした場合、根回しとか地道な折衝がかなり必要になります。そういう作業は部下がやることになるのですが、なんせ時間と手間がかかる。自分の人気に間に合うかどうか。そうなると、どうしても、焦ってきたりして、追いつめられてきてしまう。そうなったときに、人間は、簡単にダークサイドに落ちるんです。

彼は、子育て分野で、世間に大きく評価される政策をしようとしていました。その政策に、世間の人たちは、称賛し期待してきました。その称賛と期待が、(自分で言いだしたことではありますが)彼をさらに追いつめてしまったのかもしれません。ドラスティックな変革をぶち上げる人を持ち上げて、多大な期待をする世間も、彼に暴言をはかせた原因の一人だということも、考えに入れておくべきかと思います。

2020年1月11日 (土)

皆勤賞は意味がない?

皆勤賞は意味がない、百害あって一利なしだという意見が出ています。皆勤賞を目指すために、病気なのに学校に出てきたとか、クラスで目指していたから、病気にかかってしまったことで、まわりから悪く言われたり、自分を責めてしまったり。たしかに、病気なのに出席しなきゃいけないとするのは、これはおかしなことです。病気になったら休む。これは、大原則なはずです。
では、なんで皆勤賞なんてものができたのでしょう。諸説あると思いますが、私が学生の時に聞いた話です。
 
勉強もできない、運動もできない、ほめるところがない子を、それでもどうやってほめるか、脚光を浴びさせるか、って探して、お、この子は休まずに来たな、これをほめようとできたのが、皆勤賞です。だから、いわば、掃除がんばったで賞とか、あいさつが元気よかったで賞、ぐらいのもんなんです。
 
だから、なのに皆勤賞を目指せとか、そこでまじめさとかやる気を評価するとかわけのわからん理屈がついてきたから、混乱するんですね。皆勤賞なんて、本来そんな価値はないことなんですよ。
 
これ、同じことが、部活の声出しにもあると聞いたことがあります。部活で、まわりでなにやら大声を出してるの、ありますよね。あれ、なんで大声出させてるかっていうと、下級生とかまだうまくできない子でも、大きな声なら出せるだろう、ってことで、お、元気の大きな声出せるな、ってほめてあげるために、やらせてるんだと。大きな声が出せたからといって、だからうまくなるなんて、誰も考えてないんです。できない子でももめポイントを作るために、やらせてるんだと。
 
皆勤賞も声出しも、その程度の意味しかないんですよ。なのにそれに、違う大きな意味を持たせてしまった。その弊害が出てしまっている。だからといってやめてしまったら、できない子のほめポイントがなくなってしまう。
 
一見意味のないことでも、実はなにかしら意味があることって、あるんです。でも、本来の意味とは違う意味を持たせてしまったことで、かえって混乱してしまい、本来の意味が薄れてしまうんですね。批判するなら、本来はどんな意味があってのことなのかも含めて、批判しなきゃと思います。
ちなみに、私は、それでも、皆勤賞はなくした方がいいかなと思っています。やはり、まじめさとか勤勉さとかをとても大切にする文化のなかでは、本来の意味を取り戻したとしても、やはりまた、今のようなことになりかねない。そういった危険を含む賞だと思います。だったら、最初からなくしてしまったほうが、私はいいかなと思います。どんな子でも、皆勤以外になにかしらほめポイントはあるはずですから、そういった危険がないほめポイントを見つけていけばいいと思います。

« 2019年5月 | トップページ